飛ばしたいのであれば、捉まるドライバーを使うこと

ドライバーショットで飛ばしたいのであれば、捉まりの良いドライバーを使うことです。これは、絶対条件です。つまり、曲げることなく、真っ直ぐ、直進性の高いボールを打てるドライバーを使うということです。その前に、真っ直ぐ打てるスイングを習得しておくことも必要ですが。最近は、プロゴルファーが使っているドライバーや、宣伝などで飛ぶと訴求されているドライバーの人気が高くなっており、本当に飛ぶと思って、購入したものの、飛ばせないという人が増えてきています。

飛ばせるドライバー

飛ばせるドライバーというのは、実はアスリート向けとなっています。アスリート向けのドライバーは、何が違うのかと言いますと、捉まりを抑えているドライバーが多いのです。

つまり、打ち方が悪いと、フェードしか打てないということになります。フェードというよりは、スライスボールしか打てないという感じになってしまいます。

低スピンでボールが上がらない

また、アスリート向けのドライバーは、低スピンなボールが打ちやすくなっています。ヘッドスピードが遅い人が打つと、低い弾道がしか打てずに、距離が出せません。スライスするし、弾道が低いとなると、まったく飛ばせません。

ドライバーの飛距離180ヤードくらいしか飛ばない

ドライバーの飛距離180ヤードくらいしか飛ばせない人は、弾道が低いスライスボールが多いはずです。ドライバーショットの場合、曲げてしまうと飛距離が出せません。特にスライスボールというのは、フェースが開いたままインパクトしていることが多いので、弾道が高くて、大きく右に曲がっていき、飛距離はあまり出ません。180ヤードくらいしか飛んでないこともあります。

ヘッドスピードが遅い人の場合は、180ヤードも飛んでないこともあります。飛んでない理由は、スライスしているからであり、曲がってるからです。ですから、直進性の高いボールを打つということはとても大切なことであり、飛距離アップには、必要不可欠な要素となります。そのために、捉まるドライバーを使うことが必要となります。

一般的にはアベレージ向けのドライバー、優しいドライバーというのは、捉まりが良くなってますし、優しく高弾道が打てます。捉まるドライバーの特長としては、重心角(重心アングル)が大きく入っているモデルです。重心距離を重視することもありますが、重心距離が短くても捉まりを抑えてフェードを打つためのドライバーがあります。重心距離だけで判断するのは危険です。

捉まるドライバー

テーラーメイドグローレF2ドライバー
歴代グローレ ドライバー 比較

フェードが打てるドライバー
テーラーメイドM2ドライバー2016、2017M4ドライバーも捉まりを抑えて、フェードが打ちやすいドライバーとなっています。M3ドライバーの方が、捉まりが良くなっています。というよりも、ウェイトを移動させて調整できるので、捉まり具合も調整できます。
エアロバーナー・M2・M4ドライバー比較・特長