テーラーメイド D-TYPE

テーラーメイドのドライバーには、D-TYPEというモデルがあります。これは、日本国内では発売されてないモデルで、USモデルのみとなっています。ちなみにD-TYPEというのは、ドローが打てるタイプという意味があります。つまるところ、捉まりが良くて、ドローボールが打ちやすいモデルということです。何故、日本で発売されないのかが不思議です。ゴルファーならば、スライスで悩んでいる人は多いはずです。というよりも、殆どのゴルファーがスライスで悩んでいるはず。ならば、日本でもD-TYPEのドライバーを販売してくれた方が、ゴルファーにとっては良いということになります。

テーラーメイド M4 D-TYPE ドライバー USモデル

 

テーラーメイドのD-TYPEのドライバー

D-TYPEは、M2 D-TYPE、M4 D-TYPE の2種類があります。

M2 D-TYPE ドライバーは、2017年モデルです。ネック軸近くにウェイトが配置されており、ネック軸慣性モーメントが高くなっており、ヘッドターンがしやすいつくりとなっています。

M4 D-TYPE ドライバーは、2018年モデルです。M2 D-TYPE と同じように、ネック軸近くにウェイトが配置されており、ヘッドターンがしやすくなっているモデルです。

 

USモデルの注意点

USモデルの注意点としては、装着されているシャフトが日本製よりも硬くて、重くなっています。シャフトのスペックが日本人のパワーに合ってないということです。最近は、カスタムシャフトを選んで購入できるようにもなっています。ただ、純正シャフトの場合は、フレックスS表記でも、日本人ゴルファーがいうところのフレックスXに近い場合もありますので、注意が必要です。

 

スライスを減らせば飛距離アップできる

スライスを減らすことができれば、飛距離アップできます。殆どのゴルファーがスライスをしてしまいますし、アウトサイドイン軌道となっています。テーラーメイドの研究では、スライスを減らすことで約18ヤード飛距離アップができるとしています。そのような意味も含めて、D-TYPEを発売しているようです。日本で販売されないことが不思議ですし、残念です。