スイング軸がズレるのは膝が動くから

スイング軸がズレてスライスしたり、フックしたりする場合は、脚の踏ん張りができてないことが多いです。テイクバックでスウェーしていたり、左の壁もできてないことも多いです。とくに、テイクバックで右膝が大きく動くような場合は、スイングエネルギーを蓄積し難くなります。

膝が動くということは、スイング軸が動くことにもなります。右膝が動くことで、もっともダメージを受けるのは、スイングエネルギーが逃げてしまうという点です。せっかく、捻転して、スイングエネルギーを溜めようとしているのに、捻転のパワーが逃げてしまい、弱々しいスイングになってしまいますし、ゴルフクラブも加速しません。すると、思ったよりもクラブが加速しないので、自分の手で打とうとしてしまい、手打ちとなり、余計におかしなスイングになってしまうことなります。

テイクバックでは、右膝は正面を向けたまま動かさないようにすることが大切です。といっても、全く動かない訳ではないので、勘違いしないでください。

逆説的に考えると、手打ちになるひとは、身体を捻転しても、スイングエネルギーが蓄積できてない人とも言えます。または、捻転してないからスイングエネルギーを蓄えられてない可能性もあります。

ゴルフスイングでは、動かない、動かさないが、とても大切です。動かない、動かさないことで、スイング軸を保って、適切なスイングパワーで飛ばすことができます。