ゴルフスイングと股関節

スムーズなゴルフスイングをするには、股関節の柔軟性が必要。腰を回転させるというけど、腰というのは骨盤のこと。骨盤は、股関節に挟まれているので、股関節を回旋させることで、腰(骨盤)を動かすことができる。これが、判ると、下半身と上半身の捻転差がつくりやすくなり、パワフルなゴルフスイングができるようになります。