正しいグリップでミスショットを減らす

ベンホーガンの時代から、グリップは重要であると言われていました。人差し指で引っ掛けて、小指球(しょうしきゅう)でグリップエンドを抑えるようなグリップ(握り方)が良いです。正しいグリップにすることで、手首のコックがしやすくなります。ゴルフスイングでは、コックは重要です。コックを使うことで、テコの原理で、強いエネルギーでボールを打つことができます。そのためにも、正しいグリップを習得することが必要です。

グリップは、力強く握るのではなく、柔らかく握ることが重要です。あまりにも力強く握ると、手首をかためてしまって、コックが使えなくなってしまい、逆にヘッドスピードが落ちてしまい、弱々しいスイングになってしまうこともあります。柔らかく、脱力をしつつも、ゴルフクラブがすっぽ抜けない程度のチカラで握ると良いです。

正しいグリップを習得できれば、自然とコックが使えますので、インパクトのエネルギーが強くなり、打ちやすくなりますし、ミスショットも減ります。また、ミート率も上がります。