クラブの下し方が判るとミート率が上がる

ゴルフスイングで難しいのは、どのタイミングでゴルフクラブを下してくるのかという点です。テークバックして、トップスイングをつくって、ボールを打とうと思って、クラブを下してくると、アウトサイドイン軌道になってしまいます。グリップエンドを真っ直ぐ下してくるイメージを持つと良いです。グリップエンドを右脚の踵、またはグリップエンドを腰の右側に引き付ける感覚でダウンスイングをすると、インサイドから振りやすくなります。インサイドから打てるようになると、どんなドライバーでもドロー系のボールが打てるようになります。

インサイドからクラブを振ることができれば、捉まりが良くなり、ミート率が上がります。右へすっぽ抜けたようなインパクトの場合は、ボールが捉まってないので、右回転が多く発生して、スライスしやすくなります。また、フェースが開いているので、弾道が高くなってしまいます。スライスは、ボールが右に曲がって、高い弾道となります。だから、飛距離を落としてしまうことが多いです。