M2、M3、M4ドライバーよりもグローレ F2 ドライバーの方が飛ぶ

テーラーメイドM2ドライバー、M3、M4ドライバーなどは、難しい

テーラーメイドM2ドライバー、M3、M4ドライバーなどは、世界共通モデルです。シャフトのスペックが、販売される国によってスペックが調整されていることがあり、日本国内で発売されているM2、M3、M4ドライバーのシャフトスペックは、日本人向けとなっており、USモデルに比べてソフトスペックとなっています。ですから、世界共通モデルであっても、日本人が打ちやすいスペックにカスタマイズされています。

といっても、M2、M3、M4ドライバーというのは、もともとアスリート向けのラインナップとなっていますから、シャフトスペックが日本人向けのソフトスペックとなっていても、誰もが簡単に使えるようなモデルではありません。

アスリートモデルであるが故に、捉まりが抑えられており、どちらかというとフェードが打ちやすい構造となっています。それもそのはずで、M2、M3、M4ドライバーというのは、テーラーメイドの昔のシリーズ、バーナーシリーズの流れを組んでいるからです。日本人が打ちやすいといっても、なかなか手強いドライバーとなってます。

TaylorMade Golfさん(@taylormadegolf)がシェアした投稿

そもそも、Mシリーズのドライバーは、バーナーシリーズのDNAを受け継いでいるドライバーであることと、アスリート向けとなっていることから、捉まりを抑えたドライバーとなっています。捉まりを抑えているというのは、左へのミスを抑えて、チーピンが発生し難い構造となっているということです。つまり、言い方をかえると捉まりが悪くて、フェードが打ちやすいドライバーになっているということです。

フックが強くて、フック持ちで、チーピンが多いゴルファーが使えば、フック回転を相殺することができるので、フェードというよりは、ストレートボールが打ちやすくなります。曲がらないフェードということです。M2シリーズのドライバーは、フェース面をスクエアにしてインパクトできるゴルファーか、ヘッドローテーションがうまいゴルファーが使うと、思い通りの弾道で飛ばしやすいドライバーです。

TaylorMade Golfさん(@taylormadegolf)がシェアした投稿

 

グローレ F2 ドライバーの方が飛ぶ

あまり、注目されていませんが、グローレF2ドライバーは、飛び性能が高いです。もしかしたら、M2、M4ドライバーよりも飛ばせるかもしれません。シャフトが46インチとなっており、長尺仕様ということもあり、誰もが飛ばせます。

グローレは、日本人向けのモデルとなっており、日本人のパワー、体型に合わせた設計となっています。ライ角がアップライトで、捉まりが良いです。その捉まりの良さは、スライスを減らすことができるほどの捉まりの良さです。スライスを減らすことができれば、それだけで平均飛距離アップを望めます。

テーラーメイドのグローレ ドライバーは、幾つかのモデルがあります。歴代グローレの特長、シリーズごとのコンセプトを把握して、自分に合ったグローレを見つけてください。

テーラーメイド 歴代グローレ ドライバー 比較

 

グローレ ドライバーは、シニア向けじゃない

グローレドライバーは、もともと非力なゴルファー向けに登場してきたということもあり、シニア向けドライバー、非力なゴルファー向けのドライバーと思われている傾向が強いです。グローレF2ドライバーは、どちらかというと競技志向にコンセプトが変更されてきており、直進性と捉まりを向上させたモデルとなっています。もちろん、非力なゴルファーでも扱えるようにはなっていますが、どちらかというと競技に出場したり、積極的に月例に参加しているようなゴルファー向けとなっています。

 

片山晋呉プロ記者会見 2018年6月

<プロアマ戦で招待客に不快感>片山晋呉プロ記者会見 2018-6-27

プロゴルフの世界で、このような謝罪会見が行われるとは、思ってもみなかった。石川遼は、アメリカから戻ってきて、選手会長になったばかりで、いきなり謝罪会見をするというのは、自分の所為では無いものの、大変な責務を負わされてしまっている感じがあり、同情する。

謝罪会見であるにも関わらず、片山晋呉の表情がふてぶてしく見えてしまう。
それは、偏見であろうか。

人に優しく、思いやる気持ち、周りの人達への配慮、愛情が薄い人間なのだろうと思う。以前は、不倫問題、離婚問題などもあり、自分に近しい存在である、奥さんにも適当な接し方をしていたのが伝わってくる。今までの態度の悪さに憤りを感じていた人も多かったらしく、別の業界からもパッシングを受けている様子。

片山晋呉が叩かれる理由は、青木会長と選手会長の石川遼とで、プロアマ戦を向上していこう、ファンサービス向上を目指していこうというベクトルが一致していました。プロアマ戦を向上させようとしているなかでの、片山晋呉の招待者への適当な態度。JGTO(日本ゴルフツアー機構)が向かうべき方向とは、違う方向へ行こうとしていたのが、片山晋呉だ。

企業に例えると、仕事できない勘違い役職のある立場の人間が、利己的な行動に走ってたという感じだろうか。

態度が悪いとか、相手に不愉快な思いをさせたとかというよりも、見た目からして、感じが悪いんだって。
感じの悪さが伝わってきているんだから、悪いんだって。

相手を不快にさせるような、オジサンばっかりの日本国内プロゴルファー男子ツアーって、もうオワコンか?

それと、片山晋呉 焦ってるのか知らないが、カツラがズレ過ぎだろう。

叙々苑カップ 芸能人ゴルフチャンピオン決定戦 2018年

叙々苑カップ芸能人ゴルフチャンピオン決定戦は、ゴルフというスポーツの素晴らしい未来を見たような気がしました。

勢いを失いつつある、日本国内の男子プロゴルフツアーよりも、叙々苑カップ芸能人ゴルフチャンピオン決定戦の方が見ていて、とても楽しめます。プロゴルファーじゃないものの、ハンディキャップも8~20くらいの人達が多く、とてもレベルの高いゴルフを見せてくれます。ゴルフスイング、ゴルフ技術に関しては、プロゴルファーではないので、見苦しさはあるものの、自分たちのいつものゴルフに似ている側面もあり、親近感が湧いてきますし、見ているだけで、勉強になるようなショットもあります。

ゴルフというスポーツの未来は、叙々苑カップのようにゴルフがうまい芸能人を集めて、コンペを開催した方が、宣伝広告の威力はあると思うし、とても効果的だと思う。叙々苑カップは、叙々苑がスポンサーなので、叙々苑オンリーの露出となっており、テレビ放映なども叙々苑が独占できるというメリットもある。テレビを見ていると、そういえば最近肉食べてないから、叙々苑行こうか~という気持ちになる。

これからは、企業もこのようなゴルフコンペを開催して、テレビ放映をすることで、宣伝効果が得られるようになるはず。そういった時代になってきた。ましてや、YouTube、AbemaTVなどのインターネット・テレビや動画が人気となってきているので、今までとは違った訴求をすることができるはず。

無理して、男子プロゴルファーツアーのスポンサーにならなくても、楽しいゴルフ番組は作れるし、プロゴルファーの試合に近い緊張感を持たせた、アマチュアゴルファーだけのコンペも開催できる。

https://www.jojoen.co.jp/news/2018/06/01/post_75-2/

片山晋呉は、何が問題だったのか

プロゴルファーの片山晋呉が、プロアマ戦にて、宜しくない態度をとったとのことで、大きな問題となっている。ゴルフに詳しくない人には判り難いかもしれないが、プロアマ戦というのは、接待そのもの。

スポンサーとなっている大企業、芸能関係の人が、招待されて、プロゴルファーと共にラウンドをするというイベント的な接待。プロゴルファーといっしょにラウンドすることで、ちょっとしたコツなどを教えてもらったり、プロゴルファーとしてのアスリートの考えなどを聞けたりと、特別なもの。

今回の片山晋呉の問題は、接待が悪かったということになる。ビジネスマンでいうところの、対応が悪かったということになるし、営業の仕方ができてなくて、クライアントを怒らせてしまったという感じだ。スポンサーがつかなければ、ゴルフの試合が成り立たない。なので、プロアマ戦というのは、とても大切です。

ましてや、日本国内の男子プロゴルファーは、毎年試合回数が減っている。

逆に女子プロゴルファーの方は、試合回数が増えつつある。

男子プロゴルファーの試合回数が減っているのは、スポンサーがつかないから。スポンサーとなっても、宣伝広告効果が薄くなっている。年齢が30歳越えたオジサンばかりが集まってゴルフをするところに、投資をしてスポンサーとなる企業なんて、少なくて当たり前だと思う。

しかも中年のおっさん連中ときたら、持論を展開するし、周りへの気配り、配慮ができないまま、自分のペースで物事を進めていくので、知らずうちに周りの人達に迷惑をかけていることが多い。中年のおっさんが集まってゴルフをする大会よりも、若くて、華やかで、可愛らしい女子プロゴルファーの方が宣伝広告効果が高いことは、ビジネス素人な人間でも想像できる。

片山晋呉は、何が問題だったのか?
対応が問題った。

片山晋呉の問題が取り上げられてからは、片山晋呉の今までの悪態が露呈となり、何が問題だったのかというよりも、片山晋呉というプロゴルファーの存在が問題だという風潮を感じる。

最近、発表されたニューモデル

最近、発表されたニューモデルの紹介です。

タイトリスト TS2、TS3

タイトリストから、TS2ドライバー、TS3ドライバーが登場する予定とのことです。詳細は、不明です。タイトリストのインスタグラムで写真が投稿されてました。

 

スリクソン Z585、Z785

スリクソンから新しいモデルが登場するようです。今のところ詳細が公表されてないので、未知数な点が多いです。

「スリクソンZ」の新クラブがお目見え 若手が実戦投入も

 

フォーティーン CT-518

ゲロンディーなど、ぶっ飛び系の長尺ドライバーで有名なフォーティーンから、新しいモデルが登場しました。CT-518ドライバーです。長尺ならではの、捉まりの悪さを解消するために、重心角を大きくして、捉まりを良くしています。

CT-518ドライバー詳細

 

プロギア RSドライバー、RS-Fドライバー 2018年モデル

ルールギリギリの反発で飛ばせるという、プロギアの2018年モデルのドライバーです。前作通り、RSドライバーは、ドロー打ち。RS-Fドライバーは、フェード打ち用となっています。反発係数が、ルールで定められた数値を超えてしまうということがありました。今では、専用の測定器を導入してルールギリギリを追求しています。

新RS誕生。ギリギリ、全開。高初速のレベルが、違う。高初速の広さが、違う。 | プロギア(PRGR)オフィシャルサイト

プロギア 2018年 RSドライバー、RS-Fドライバー

プロギア 2018年モデルのRSドライバー、RS-Fドライバーが発売されます。
2018年7月発売予定です。

プロギアのドライバーは、ルールギリギリの反発が得られるということで、人気のあるドライバーです。反発が高いということは、ボールスピードを速くすることができますので、結果的に飛距離アップできます。プロギアは、もともと高反発ドライバーを作るのが得意なメーカーです。フェース面の反発を高めて、非力でも飛ばせるドライバーを作っています。そのような技術を取り入れて、2018年モデルのRSドライバー、RS-Fドライバーは、作られています。

2018年のプロギアは、COR0.81以上という反発性能となっています。

ゴルフ規則(SLEルール)としては、フェース面の反発係数は、0.83以内と定められています。ルールで定められた、反発係数0.83に限りなく近づけているので、誰でも優しく飛ばすことができます。反発係数が、0.01高くなるだけで、約10ヤードは飛ばせるようになります。それだけ、ボースピードも速くなりますし、誰でも飛ばせます。

紹介動画では、スプリングが設置されていますが、実際のドライバーには、スプリングは取り付けられていません。スプリング効果のような、高反発が得られるという演出だと思われます。プロギアは、SLEルール適合モデルのドライバーです。

飛ばしたいのであれば、捉まるドライバーを使うこと

ドライバーショットで飛ばしたいのであれば、捉まりの良いドライバーを使うことです。これは、絶対条件です。つまり、曲げることなく、真っ直ぐ、直進性の高いボールを打てるドライバーを使うということです。その前に、真っ直ぐ打てるスイングを習得しておくことも必要ですが。最近は、プロゴルファーが使っているドライバーや、宣伝などで飛ぶと訴求されているドライバーの人気が高くなっており、本当に飛ぶと思って、購入したものの、飛ばせないという人が増えてきています。

飛ばせるドライバー

飛ばせるドライバーというのは、実はアスリート向けとなっています。アスリート向けのドライバーは、何が違うのかと言いますと、捉まりを抑えているドライバーが多いのです。

つまり、打ち方が悪いと、フェードしか打てないということになります。フェードというよりは、スライスボールしか打てないという感じになってしまいます。

低スピンでボールが上がらない

また、アスリート向けのドライバーは、低スピンなボールが打ちやすくなっています。ヘッドスピードが遅い人が打つと、低い弾道がしか打てずに、距離が出せません。スライスするし、弾道が低いとなると、まったく飛ばせません。

ドライバーの飛距離180ヤードくらいしか飛ばない

ドライバーの飛距離180ヤードくらいしか飛ばせない人は、弾道が低いスライスボールが多いはずです。ドライバーショットの場合、曲げてしまうと飛距離が出せません。特にスライスボールというのは、フェースが開いたままインパクトしていることが多いので、弾道が高くて、大きく右に曲がっていき、飛距離はあまり出ません。180ヤードくらいしか飛んでないこともあります。

ヘッドスピードが遅い人の場合は、180ヤードも飛んでないこともあります。飛んでない理由は、スライスしているからであり、曲がってるからです。ですから、直進性の高いボールを打つということはとても大切なことであり、飛距離アップには、必要不可欠な要素となります。そのために、捉まるドライバーを使うことが必要となります。

一般的にはアベレージ向けのドライバー、優しいドライバーというのは、捉まりが良くなってますし、優しく高弾道が打てます。捉まるドライバーの特長としては、重心角(重心アングル)が大きく入っているモデルです。重心距離を重視することもありますが、重心距離が短くても捉まりを抑えてフェードを打つためのドライバーがあります。重心距離だけで判断するのは危険です。

捉まるドライバー

テーラーメイドグローレF2ドライバー
歴代グローレ ドライバー 比較

フェードが打てるドライバー
テーラーメイドM2ドライバー2016、2017M4ドライバーも捉まりを抑えて、フェードが打ちやすいドライバーとなっています。M3ドライバーの方が、捉まりが良くなっています。というよりも、ウェイトを移動させて調整できるので、捉まり具合も調整できます。
エアロバーナー・M2・M4ドライバー比較・特長

ライザップゴルフの動画

ライザップゴルフが、とうとう長時間動画を投稿してくれました。
実際に、どのようなレッスンをするのかが明確となります。

結果にコミットするというだけあって、内容が濃いレッスンとなっています。

基本は、飛ばすというよりは、アプローチ、ショートゲームに集約されている感じがします。が、100切りも90切りもショートゲームが必須です。基本中の基本。そして、パッティングも重要です。