現代人は、猫背が多くて、ゴルフには不向き

仕事でパソコンを使うことが多くなりました。キーボードとマウスを器用に操作をするために両腕は前に出して、画面を見入るように首が前に出る姿勢になります。これは、猫背になりやすい姿勢です。猫背になると、ストレートネック、首こり、肩こり、腰痛などの症状を起こしやすくなります。両腕を前に出すということは、肩が前にでやすくなります。猫背になると、骨盤が立ち上がらずに、折り曲がった姿勢となりますので、前屈みの姿勢をキープして、股関節を回旋させるこが難しくなります。

猫背とゴルフ

猫背になると、ゴルフにはあまり良くない影響を及ぼします。理由は、とても簡単です。適切なアドレスがし難くなります。
腰の入った前傾姿勢をとりにくくなりますので、下半身リードのスイングがし難くなります。知らずうちに、腕のチカラだけで
ゴルフクラブを持ちあげて、腕だけで振ってしまう、手打ちになっていることがあります。

ゴルフのアドレス

ゴルフというスポーツのアドレスというのは、ボールの前で適切に構えることです。ボールを打つための動作が適切に行える状態で構えるということです。ですから、アドレスは大切ですし、姿勢が大切です。ゴルフのアドレスは、姿勢のことです。姿勢をおろそかにすると、ミスショットが増えます。実際、ミスショットの殆どの原因は、アドレスにあるとも言われています。アドレスを見直すだけで、スコアアップできる可能性もあります。

ゴルフ練習後、ラウンド後に首が痛くなる

最近、ゴルフ練習後やゴルフラウンド後に首が痛くなることが増えてきました。ボールの見すぎかと思ったのですが、そうでもなさそうです。もともとゴルフスイングというのは、前傾姿勢を保ちながら、横方向への捻転運動をするので、首に負担がかかるようです。スイング軸をズレさせないようにするために、頭を動かさないようにしていることが、首まわりの筋肉に緊張を与えてしまって、硬くなっているとのことです。

ドライバーショットもアイアンショットもパターも、何もかもが首まわりが軸となっているので、首に負担が掛かるらしいです。首が軸というよりは、背骨というか、頭ですね。首が痛くなると、頭を残すことができなくなるので、あたりまえのようにヘッドアップしてしまい、スライスボールばっかりになってしまうという、負の連鎖を止めなければいけないなと思っています。

最近は、ゴルフ練習後、ラウンド後には、首こり枕をつかって、首まわりの筋肉をほぐすようにしています。首というのは、頸椎のカーブがあり、S字となっています。このS字を保つことができるような形状となっている枕を首のしたに敷いて、きちんとしたS字を保つようにします。すると、首こりが和らぎます。重い頭を支えるために、頸椎はS字になっています。このS字をキープできるようにするのが、首こり枕です。首が痛くて、そのままほったらかしにしておくよりは、何かしらの対処をした方が良いです。

とくに首こり、首の痛みというのは、放っておくと余計に痛くなってしまって、頭痛がしてくることもありますし、肩が痛くなってしまうこともあります。場合によっては、吐き気がすることもあるので、かなり厄介です。楽しいゴルフをしているのに、首が痛くなって、頭痛、吐き気で悩まされるなんて、嫌です。ですから、ゴルフ練習後、ゴルフ後のケアもしっかりと考えて、健康的で楽しいゴルフを長く続けられるようにすると良いです。

ゴルフラウンド後に首が痛くなるというのは、打ち方が悪いという人も居ます。もしかしたら、打ち方が悪い可能性もありますが、自画自賛ではありませんが、自分ではそんなに変なスイングをしている感じではありません。ですから、もともと首周りの筋力が弱いのだろうと考えています。最近は、頭を残し過ぎないように、インパクトからフォロースルーにかけては、顔を飛球線方向に向けるようにしています。頭を動かすのではなくて、顔を飛球線方向に向けるのです。それだけでも、首周りの負担を減らすことができます。

松山英樹がテーラーメイドM3ドライバーを使う

松山英樹がテーラーメイドM3ドライバーを使い始めたとのこと。ヘッド体積は440ccのモデルです。今までは、キャロウェイ グレート ビッグ バーサーを使っていまいた。これは、2015年モデルです。ドライバーに悩みがあったのか、それとも今以上に飛ばしたいと思ったから変更したのか判りません。どちらにしろ、テーラーメイドM4ドライバーの方が飛ばせるはずです。フェース面の反発力も高いだろうし、YトラックというウェイトをY字に移動して重心位置を変更できるモデルですから。

スリクソン契約なので、スリクソンのドライバーを使ってほしいと思うこともありますが、海外で活躍するほどのレベルになると、スリクソンのドライバーでは役不足なのだろうか。