キャロウェイ ローグ スター ドライバー 2018年

前作のGBBEPICスタードライバーは、ぶっちゃけボールが上がり難かったことと、捉まりが悪かったというのを修正して登場したのが、ローグスターです。実際にめちゃくちゃ捉まりますし、高い弾道が打ちやすくなっています。ドライバーヘッドのビジュアル的には、ワルカッコいいイメージですが、打ってみるとめちゃくちゃ優しいドライバーです。捉まりが良いドライバーなので、スライスを減らすことができます。フォロースルーを強く出せるタイプのゴルファーや叩きにいけるゴルファーの場合は、チーピンが気になってしまうかもしれません。ローグスタードライバーは、スライサーのスライスを減らしくれるような構造となっていますので、スライスボールに悩んでいる人に向いています。スライスを減らすことができれば、直進性が高くなりますので、それだけで飛距離アップできます。

ローグ スター ドライバー 特長

  • 捉まりが良い
  • フェースの弾きが強い
  • 高弾道が打ちやすい

本間ゴルフ ビジール535ドライバー 2018年モデル

イ・ボミが使うからという理由ではないのですが、総合的なバランスがとれているのがビジール535ドライバーです。重心角が大きいので、めちゃくちゃ捉まります。もう、スライスなんて打てないだろうと思ってしまうくらいに捉まります。

ヘッド形状もシャローとなっているので、ボールが上がりやすいです。そして、ソール側の設けられた、スリットにより反発力も高くなっています。曲がらない、反発力あるし、高弾道が打てるという魅力のドライバー3点セットとなっています。

ドライバーショットが安定しないゴルファーにも向いています。本間ゴルフの良いところは、ドライバーヘッドもシャフトも自社で開発製造をしている点です。ゼクシオも同じですね。ヘッドとシャフトを自社で開発製造することで、ドライバーヘッドの性能を最大限に活かすことができる、シャフトにすることができます。

あきらかに、ぶっ飛び系のドライバーではないのですが、どんな打ち方でも直進性の高いボールが打てるという、高性能なドライバーです。本間ゴルフは、シニアゴルファー向けのイメージがありますが、まったくそんなことはありません。そんなことでゴルフクラブ選びをしていたら、本当に性能の良いドライバーに巡り合えません。

本間ゴルフ ビジール535ドライバー 特長

  • 重心角が大きくて捉まりが良い
  • スライスが減らせる
  • 芯を外しても強い反発で飛ばせる
  • シャフトが高性能でミートしやすい

テーラーメイドM4ドライバー2018年モデル

ツイストフェイスとハンマーヘッドにより、今までにない飛びを体験できます。毎年、新しいドライバーが発売されるたびに、飛ぶとか言われています。結局、あんまり飛距離は変わらないという経験をした人は多いはず。だけど、M4ドライバーは、本当に飛びます。変なスイングでもかなり飛ばせますし、曲がりません。

曲がらないのはツイストフェイスの効果

変な打ち方でも曲がらないのは、ツイストフェイスの効果です。ツイストフェイスというのは、フェースのトゥ側がオープンフェースになっており、ヒール側はクローズになっているという特殊なフェース構造です。テーラーメイド特許技術です。ツイストフェイスにより、ギア効果を抑えて、曲り幅が抑えられているということです。カット打ちとか、アウトサイドインから打ち込んだり、オープンフェースで打ってしまえば、曲がりますけど。今の打ち方だと曲がったかな?と思うようなときでも、意外にも真っ直ぐ飛んでくれます。

反発力がハンパない!

M4ドライバーを打って、感じたことは、反発力がハンパないってことです。本当に弾きます。フェースのどこで打っても反発力が落ちないという感じです。これは、ハンマーヘッドの効果です。打ち方が悪くて、インパクトエネルギーを逃がしてしまうようなゴルファーでも最大反発力で打てるので、ボールスピードが速くなりますし、飛距離アップできます。

100切り目指すゴルファーでも使える

M4ドライバーなら、100切りを目指すゴルファーでも飛ばせます。スイングが安定してなくても、ドライバーが助けてくれるので、自分が思っている以上に飛ばせます。

テーラーメイドM4ドライバーの特長

  • ハンマーヘッドによる最大反発力で飛ばせる
  • ツイストフェースで曲り幅を適切にして直進性アップ
  • 低スピン+高弾道で今まで以上のキャリーを出せる