ゴルフやめると思ったキッカケ

ゴルフというスポーツを長く続けていて、ゴルフを辞めようかと思うこともあります。スコアが良くならない、いつもと同じゴルフになってしまう、飛距離が出なくなってきた・・・などなど、様々な理由があるかと思います。ゴルフを辞めようと思った切っ掛けを考えてみたいと思います。

 

なかなか上達しないから

ゴルフというスポーツは、なかなか上達しません。練習場では、うまく打てているのに、ゴルフ場ではうまく打てないということも多くあります。また、昨日は打てたのに、今日は打てなということもあります。

ゴルフというスポーツは静止したゴルフボールを打つスポーツですから、何かにタイミングを合わせるということがありません。故に静止しているところから、動作を始めるから難しいと言われることもあります。そして、うまく打てないのは技術的な問題よりも、自分の気持ちや心、メンタル的な要素が大きいと言われています。

その日の自分の気持ちがゴルフスイングという動作に影響を与えており、チカラが入ってしまったり、踏ん張りが弱くなって早めに頭が上がってしまってヘッドアップしてしまうということもあります。

 

スコアが良くならないから

周りには、1年も経たないうちに100を切った、90台のスコアが平均だという人も居たりもします。長く続けていても、なかなか100が切れない、たまに100を切るということもあるけど、思い通りのゴルフができないから楽しくないというのは、自分がゴルフというスポーツに向いてないと思ってしまうのでしょう。スコアが良くならないというのは、モチベーションの低下につながり、ゴルフを辞めたいと思う原因のなかでも多いようです。

 

飛距離が落ちてきたから

飛距離が落ちてきたというのもゴルフを辞めようと思う切っ掛けのひとつになります。以前は、ドライバーショットで200ヤード以上は飛ばせていたのに、加齢と共に飛距離が落ちてきたから楽しくないという気持ちからゴルフを辞めたくなるのでしょう。ただ、飛ばないだけならまだしも、飛ばないということは次のショットでグリーンまでの距離が多く残ることもあり、それが苦痛になることもあるようです。

また、同伴者には軽々とオーバードライブされてしまい、自分の飛距離の無さが露呈となり、恥ずかしさのあまりゴルフを辞めたくなってしまうということもあるようです。

ゴルフというスポーツは飛距離を競うスポーツではありません。あくまで打数を競いあうスポーツです。ですが、ボールを飛ばすということから、飛ばないよりは、飛んでくれた方が楽しいでしょうし、ゴルフの楽しみ方の幅が広がるというのも事実です。

ゴルフで飛距離が出ない、飛ばない というのはスコアが悪いということよりもメンタル的なダメージが大きいというのは、ゴルファーならではの特別な悩みのようです。

 

ゴルフは長く続けること

ゴルフというスポーツは短期間で上達することは難しいです。なかには、短期間で上達するという人も居るかもしれません。ですが、ある程度の期間がなければ上達は難しいです。練習場でボールを打っているばかりでは上達しません。実際にゴルフ場でラウンドをこなしていくことで、経験値が上がってきますし、本当に必要なゴルフ技術というのも判ってきます。継続は力なりと言いますが、ゴルフも同じ事が言えます。継続することで、今までの修正点を見出して、練習を積み重ねていくことで、自分の目標を達成することができるはずです。